MENU

サッカーの4-4-2フォーメーションとは?特徴やメリット、種類を解説

サッカーにおける4-4-2フォーメーションについて徹底解説!

本記事ではサッカーのフォーメーションの一つ「4-4-2」について徹底解説します!

テレビでサッカーの試合観戦をしていると、よく解説者が「試合開始のフォーメーションは4-4-2ですね」と話しているのを耳にしますよね。

その内容を理解しておけば、サッカー観戦がまた少し楽しくなりますから、ぜひフォーメーションの基礎知識を知っておいて下さい。

目次

サッカーの4-4-2とは

サッカーにおける4-4-2とは

サッカーの4-4-2は、攻守のバランスが良いフォーメーションの一つです。

4-4-2の配置はディフェンダーが4人、ミッドフィルダーが4人、フォワードが2人。選手1人1人がコート上にバランスよく配置されているため、各選手が自分のプレーエリアを明確にしながらプレーできるフォーメーションです。

時にはコート内でポジションチェンジをすることもありますが、配置がわかりやすく元の位置にポジションを戻しやすいのも特徴です。

現代サッカーでは4-2-3-1などのフォーメーションが流行ってはいますが、国内のプロチームや海外のビッククラブなどでも4-4-2を採用しているチームは数多くありますので、まだまだ主流のフォーメーションだと言えるでしょう。

サッカーで4-4-2フォーメーションを取り入れるメリット・デメリット

サッカーにおける4-4-2フォーメーションのメリット・デメリット

4-4-2はバランスが良く、選手ごとのプレーエリアが明確なことが特徴のフォーメーションですが、しかし一方でデメリットも存在します。

ここでは4-4-2フォーメーションのメリット・デメリットについて、オフェンス面とディフェンス面に分けて解説していきます。

オフェンス面

4-4-2のオフェンス面におけるメリットとして、サイドハーフとサイドバックにより厚みのあるサイドアタックが可能な点が挙げられます。

左右ともにサイドには2人の選手が配置される形になるため、サイドから攻撃を組み立て、中央のフォワードにボールを供給することでゴールを狙う形が多くなります。

一方でオフェンス面でのデメリットは、両サイドハーフにかかる負担が大きいことです。メリットとデメリットはトレードオフのような関係ですが、サイドアタックをするとなると、サイドハーフが行う上下運動が非常に激しいものになります。

よってサイドハーフに対する負担が多いフォーメーションと言えますが、試合を通じて交代選手を投じることで解決するチームがほとんどです。総合的にはオフェンス面でバランスの取れたフォーメーションだと言えるでしょう。

ディフェンス面

4-4-2のディフェンス面におけるメリットとして、各々が自分のポジションにやってきた相手をマークする「ゾーンディフェンス」を行いやすい点が挙げられます。

これはコート全体にバランスよく選手が配置されている4-4-2ならでは。自分のポジションが明確であればあるほどマークに対する責任も明確になりやすく、それがゾーンディフェンスを成功させる上で重要なことなのです。

一方でディフェンス面のデメリットとして、相手選手が動いた際に味方同士でマークの受け渡しをするタイミングで、抜け漏れが発生してフリーの選手を作ってしまうリスクがあることが挙げられます。

多くの場合は頻繁に声かけを行うなどの方法で解決しますが、4-4-2はディフェンス面でチームワークが要求されるフォーメーションと言えるでしょう。

サッカーの4-4-2フォーメーションの種類

サッカーにおける4-4-2フォーメーションの種類

サッカーの4-4-2フォーメーションは、ミッドフィルダー4人の配置の違いから、いくつかの種類に分かれています。

ミッドフィルダーの選手の配置が変わるだけで、ガラッとフォーメーション自体の見栄えが変わりますから、この違いを知っておくとより試合観戦を楽しめるはず。

ここでは4-4-2の主なバリエーションを紹介していきます。

ダイヤモンド型

4-4-2のダイヤモンド型では、ミッドフィルダーの4選手が菱形になるような形で配置されます。

その際、フォワードのすぐ下にいるミッドフィルダーのことをトップ下、その反対側にいるミッドフィルダーのことをボランチ、そしてサイドに配置されているミッドフィルダーのことをサイドハーフと呼びます。

ダイヤモンド型ならではの特徴は、トップ下の存在です。4-4-2のフォーメーションにおいて、トップ下が存在しているのはダイヤモンド型のみとなっています。

トップ下には足元の技術があり、決定的なパスが出せて自分でもゴールが決められる「エースストライカー」が配置されることが多く、とても華やかしいポジションといえるでしょう。

ダイヤモンド型を採用している多くのチームは、トップ下の選手を攻撃の中心としている場合が多いため、ぜひ注目して観戦してみてください。

フラット型

4-4-2のフラット型では、ミッドフィルダーの4選手が横一列に配置されます。

サイドに配置されたミッドフィルダーをサイドハーフと呼ぶことについては、ダイヤモンド型と変わりありません。しかし真ん中に配置されたミッドフィルダーのことは「セントラルミッドフィルダー」もしくは「ボランチ」と呼びます。(真ん中に2人の選手が配置されることから、一般的にはダブルボランチと呼ばれることもあります)

4-4-2のフォーメーションの中では、コート全体にもっともバランスよく選手が配置されることから、攻守のバランスを重視したいチームが取り入れる種類です。

ボックス型

4-4-2のボックス型では、ミッドフィルダーの4選手が箱のような形で配置されます。

ボックス型では、フォワードの下、サイドハーフとトップ下の中間ぐらいの位置に配置されているミッドフィルダーのことを「オフェンシブミッドフィルダー」と呼びます。その下に配置されているミッドフィルダーはボランチであり、二人まとめてダブルボランチと呼ばれます。

ボックス型はサイドハーフではなく、オフェンシブミッドフィルダーが存在していることから、攻撃の戦略としては中央突破を選択するチームが多い傾向にあります。

ボックス型を採用しているチームが居たら、ぜひ中央から2重3重の迫力ある波状攻撃に注目してみてください。

トリプルボランチ型

トリプルボランチ型では、ミッドフィルダー4人のうち、3人がボランチとしてディフェンスラインの前に配置されます。

フォワードの下に配置されているミッドフィルダーはトップ下。ボランチを3人配置するので、非常に守備的なフォーメーションです。しかし昨今では人気が低く、現代サッカーにおいて採用しているチームはあまり見かけなくなりました。

ボランチの役割は試合におけるチームの舵取りですから、3人配置されていることから非常に安定した試合運びに期待できるのがトリプルボランチ型のメリットです。

実際の試合では攻撃の人数を増やすために、ボランチの位置から前線へ積極的に飛び出すことが要求されるため、ボランチの選手には守備のみならず攻撃面でも高い能力を要求される陣形です。

4-4-2はバランス重視したフォーメーションである

サッカーにおける4-4-2は、攻守のバランスが良く、なおかつ選手一人ひとりのプレーエリアが明確なフォーメーションです。

ディフェンダー4人、ミッドフィルダー4人、フォワード2人がコート全体にバランス良く配置されますが、ミッドフィルダーの配置によってまた細かく種類が分かれていることを押さえておきましょう。

現代サッカーでもまだまだ主流なフォーメーションの一つですから、ぜひ基礎知識として押さえておいて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる