パーソナルトレーニングの服装は何がいい?ジム初心者向けウェア選びのコツ

パーソナルトレーニングはどんな服装がいい?ウェア選びのポイントやおすすめの服装を紹介

今回は、パーソナルトレーニングを受けるときにおすすめの服装と選び方をご紹介します。

いざパーソナルトレーニングに申し込んでから「ウェアは持っていくべき?」「レンタルウェアって本当に大丈夫なの?」と不安になる方は多くいらっしゃいます。ジム初心者からすれば、わからなくて当然ですよね。

「ジムに通う服装はどうすればいい?」を解決できる内容をまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

今日のメニュー

パーソナルトレーニングの服装はどうすればいい?

パーソナルトレーニングの服装はどうすればいい?

パーソナルトレーニングジムでトレーニング指導を受けるときには、用意されているレンタルウェアを着るか、自前で持っていくウェアを着るか、いずれかです。

レンタルウェアはジムによってデザインやブランドも違い、また貸し出しが無料のジムと有料のジムがあります。またマイウェアを預けておけるようなジムもあります。

費用やデザインの好み、荷物の多さなどを考慮して、レンタルウェアにするかマイウェアにするか検討しましょう。

手ぶらで通いたいなら、レンタルウェアで十分

レンタルウェアを利用する場合は、店舗でウェアを受け取り、トレーニング終了後にそのまま返却する流れになります。

トップスやボトムス、ソックスなどのトレーニングウェアを持ち運ぶ必要がなくなるため、手ぶらで通えるのがメリット。またコーディネートを考えなくて済むので、「ウェア選びが面倒」という人には特におすすめです。

ただしジムによってはシューズやソックス、アンダーウェアの貸し出しがない可能性はありますので、入会する前に必ず確認しておきましょう。

おしゃれを楽しみたいなら、マイウェアがおすすめ

ご自身が好きなブランドやデザインがあり、「コーディネートを楽しみたい!」という人はマイウェア一択。特にSNSにトレーニング時の写真をあげるなら、こだわりのマイウェアを用意しておきたいところです。

マイウェアであれば、「今日はこの組み合わせでジムに行こう!」とおしゃれを楽しめるうえ、トレーニングのモチベーションアップにも繋がります。もし、「組み合わせを考えるのが苦手」という方であれば、トレーニングウェアセットを購入するのもおすすめです。

しかしトレーニングウェアを購入するとなればお金がかかるため、レンタルウェアよりも初期費用が高くつくことを頭に入れておきましょう。

パーソナルトレーニングジム通い用ウェア選びのポイント

パーソナルトレーニング用ウェア選びのポイント

パーソナルトレーニング用にウェアを揃えることになった場合は、これから紹介する3つのポイントを押さえて選んでください。

一般的なジムでのトレーニングとは少し異なる部分もあるため、そこにもぜひ注目してみてください。

体にフィットするサイズを選ぶ

パーソナルトレーニングの服装は、体にフィットする「ジャストサイズ」を選びましょう。

例えばオーバーサイズのものを着ていると動きにくかったり、女性であれば胸元が見えてしまったりする可能性があります。反対に小さすぎると締め付けられてしまって苦しくなったり、脱ぎ着しにくいというデメリットも。

さらに「正しく筋肉を動かせているのか」という観点でトレーナーが確認する際も、あまりにオーバーサイズだとわかりにくい場合があります。動きやすさサイズ感を重視して選びましょう。

肌の露出が多い服装は避ける

いくら動きやすいとはいっても、肌の露出が多すぎるウェアは避けたいところです。

先ほどもあったようにパーソナルトレーニングの場合、トレーナーは筋肉の動きをみたり、身体の状態をチェックしながら指導をしてくれます。トレーナーが、目のやり場に困ってしまうような極端に露出している服装は避けた方が、結果的に効率良く指導が受けられるはず。

もしトップスをスポーツブラ1枚にするのであれば、襟口が浅いものを選ぶと胸元を隠せるのでおすすめです。

伸縮性のあるアイテムを選ぶ

パーソナルトレーニングを受けるうえで、「動きやすさ」は最優先に考えたいところです。よって伸縮性はマストで確認しておきましょう。

伸縮性に優れていないアイテムは動きにくいだけでなく、せっかく購入したウェアが破れてしまう恐れもあります。ウェアを試着できるのであれば、ウェアを着た状態で立ったり座ったりする動作を繰り返してみて、スムーズに動けるか確認しておきましょう。

ネットで購入するのであれば、最低限「伸縮性あり」と記載されているアイテムを選んでください。

パーソナルトレーニングジム通いにおすすめの服装

パーソナルトレーニングにおすすめの服装

ここからは、パーソナルトレーニングにおすすめの服装を5つのアイテムに分けて、詳しく紹介していきます。

  • トップス
  • ボトムス
  • シューズ
  • ソックス
  • アンダーウェア

トレーニングウェアを選ぶ際には、この5つのアイテムを基本として組み合わせるのがおすすめです。

トップス

トップス

トップスは男女問わず、タンクトップTシャツを着ている人の割合が高い傾向にあります。

「寒くないのかな?」と思う方もいるかもしれませんが、ジム内は運動しやすい室温に保たれているため、長袖を着ている人は意外と少数派。ただ体が冷えてしまうという方は、脱ぎ着しやすい「パーカー」「ジャージ」などを1枚持っておくといいですよ。

さまざまなブランドから機能性にも優れたトップスが発売されているので、好みの一着を見つけてください。

ボトムス

ボトムス

ボトムスは、ハーフパンツショートパンツスパッツなどが主流です。

男性はハーフパンツ、女性であればスパッツの上にショートパンツを履く方が多いですが、男性でもハーフパンツとスパッツを組み合わせるコーディネートもおすすめ。

ボトムスを選ぶ際の注意点としては、動きにくいダボダボのスウェットは避けてください。もし「スウェットを履きたい!」という方は、ボディラインがわかるタイトなスウェットを選びましょう。

シューズ

シューズ

パーソナルトレーニングの際には、ランニングシューズまたはトレーニングシューズがおすすめです。

シューズに関しては、自分好みの色やデザインで選んで問題ありません。しかし、厚底スリッポンのようなかかとがないタイプは、トレーニング中の怪我や事故に繋がってしまうため避けましょう。またウェイトを持つときに滑ると危ないため、靴底がツルツルのタイプも避けてください。

トレーニング初心者は、軽量かつ動きやすいランニングシューズから手に取ってみてはいかがでしょうか。ランニングシューズなら使い回しが聞きますし、素敵なデザインのものもたくさん発売されています。

ソックス

ソックス

トレーニングで使用するソックスには、吸水・防臭効果が期待できる「スポーツ用ソックス」を選びましょう。

さまざまなスポーツ用ソックスが販売されていますが、こだわるなら「5本指ソックス」がおすすめです。5本指ソックスは滑り止めがついており、指もある程度動かせるため、足に力を入れやすいのがメリット。より効果的なトレーニングに繋がります。

まずは各ブランドが出している一般的なスポーツ用ソックスを履いてみて、慣れてきたら5本指ソックスに変えてみるのもいいかもしれません。

アンダーウェア

アンダーウェアとは、下着インナーウェアのことを指しています。

女性のアンダーウェアにおすすめしたいのは、バストを抑えられる「スポーツブラ」が最適。「スポーツブラ1枚がいいけど、胸元が気になる……」という女性であれば、襟口の浅いスポーツプラを選ぶといいですよ。

さらにボトムスがスパッツのみという女性であれば、下着ラインが見えない「シームレスショーツ」がおすすめ。シームレスショーツはさまざまなメーカーが出しているため、手軽に購入しやすくなっています。

パーソナルトレーニングの服装は、動きやすさを最優先しよう

現在、ウェアレンタルをしているパーソナルトレーニングジムは多くなってきていますが、もちろん自前のトレーニングウェアでも問題ありません。

もしマイウェアでトレーニングする場合は、「動きやすさ」を考えたうえで自分好みのデザインや色、ブランドを選ぶのがおすすめ。また今回ご紹介したように、体にフィットするジャストサイズのアイテムを選ぶのもポイントです。

「ウェア選びは面倒……」という方は、ウェアレンタル。「コーディネートを楽しみたい!」という方は、マイウェアを選んでパーソナルトレーニングを受けてみてください。

知り合いにも教えてあげよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フィットネス×ITの分野で事業展開を行っています。スポーツ業界を盛り上げるため、スポーツをもっと楽しむために、当サイト「SPORTS UP!」で情報を発信しております。

今日のメニュー